保健指導のカンどころ!保健師に知ってほしい糖尿病と歯科のこと

個数:

保健指導のカンどころ!保健師に知ってほしい糖尿病と歯科のこと

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2019年11月23日 02時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 144p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784263237335
  • NDC分類 498.81
  • Cコード C3047

内容説明

なぜ特定健診の基準が厳しいのか知っていますか!!?相手に「伝わる」保健指導のカンどころ、「共感」を導く魔法の言葉、「医療面接」の知識が詰まった珠玉の一冊。

目次

第1編 目に浮かぶような物語を
第2編 目に浮かぶ糖尿病の基礎知識
第3編 炎症でつながる歯周病と糖尿病
第4編 歯の喪失が寝たきりと早死をもたらす
第5編 慢性微小炎症の恐ろしさ
第6編 特定健診が意味するもの
第7編 医療面接で保健指導は生まれ変わる

著者等紹介

西田亙[ニシダワタル]
医学博士、日本糖尿病学会糖尿病専門医。広島県広島市出身。1988年愛媛大学医学部卒業。1993年愛媛大学大学院医学系研究科修了。1994年愛媛大学医学部第二内科助手。1997年大阪大学大学院医学系研究科神経生化学助手。2002年愛媛大学医学部附属病院臨床検査医学(糖尿病内科)助手。2008年愛媛大学大学院医学系研究科分子遺伝制御内科学(糖尿病内科)特任講師。2012年にしだわたる糖尿病内科開院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。