G’day Mate!旅で役立つオーストラリア英会話

個数:

G’day Mate!旅で役立つオーストラリア英会話

  • ウェブストアに35冊在庫がございます。(2017年04月27日 04時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784262169712
  • NDC分類 837.8

内容説明

オージー英語&生活を知って、旅を120%楽しくする!

目次

1章 旅で役立つ英会話(必ず役に立つ!!フレーズ別便利な表現;あいさつでのひとコマ;お礼、おわびのときのひとコマ ほか)
2章 オーストラリアの文化と習慣(オーストラリアの基本情報;国内線、バス、鉄道で長距離移動;路線バス、電車、タクシー、レンタカーで移動 ほか)
3章 オーストラリア英語(オージー英語のルーツを探る;イギリス英語vsアメリカ英語;アルファベットに注意 ほか)

著者紹介

川野ひろし[カワノヒロシ]
1954年、広島県生まれ。オーストラリア在住歴30年。1988年に西オーストラリア州のパースにある日系食品メーカーに出向し、12年間勤務する。その後は日豪貿易とトマト農場の共同経営に携わり、現場で日本を含めた各国の移民、ワーキングホリデーメーカーや留学生、ビジネスマンたちと交流し、親交を深める。英語学習誌「TOEIC Friends」、「TOEIC Testプラス・マガジン」(共に株式会社リント)でオーストラリアの生活や情報に関するコラムを連載(1997年~2014年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

実用性の高い英語を楽しく学べる! 旅行、ビジネス、留学、ワーホリに役立つ一冊!近年、オーストラリアに渡航する日本人、訪日するオーストラリア人観光客が増え、二か国間の交流機会が増えています。本書では、英語をゼロから練習したい人向けの簡単な英会話(世界のどこでも通じるグローバル英語)、オーストラリアで重要な英単語と現地でよく聞く英会話を写真とイラストつきで分かりやすく紹介しています。新書サイズで持ち歩きしやすい大きさなので、旅行中に持ち歩いていても邪魔になりません。旅行で必要な英語、オーストラリア生活で必要な情報が満載なので、旅行、出張、留学、ワーキングホリデーなど、あらゆるシーンで役立ちます。また、白馬やニセコなど、オーストラリア人が集まる観光地で働く方にも十分に役立つ一冊。語学書としても読み物としても十分に楽しめる、今までにない旅の英会話本です。

第1章 世界共通のカンタン英会話集
     (場面ごとの旅行会話/口語/英語で携帯メールを送る / 問い合わせメール / ビジネスメールの送り方)
第2章 オーストラリアの習慣・生活・文化に関する英単語
  オーストラリアの文化と習慣にまつわる英単語を学ぶ。
現地で使用する実用性が高い英単語が楽しいエピソードや情報と共に出てくる。
第3章 オーストラリア英語
     Arvo, Ta, Barbieなど、オーストラリアでしか通じない謎の現地英語を解明!
旅行や長期滞在時に知っておくと役立つ実用性の高いスラングを楽しく学べる。

川野 ひろし[カワノ ヒロシ]
1954年、広島県生まれ。オーストラリア在住歴30年。1988年に西オーストラリア州のパースにある日系食品メーカーに出向し、12年間勤務する。その後は日豪貿易とトマト農場の共同経営に携わり、現場で日本を含めた各国の移民、ワーキングホリデーメーカーや留学生、ビジネスマンたちと交流し、親交を深める。英語学習誌『TOEIC Friends』、『TOEIC Testプラス・マガジン』(共に株式会社リント)でオーストラリアの生活や情報に関するコラムを連載(1997年?2014年)。著書に「30のキーワードで読み解くオーストラリアの取説」(川野寛/株式会社リント)がある。現在は川のひろし、という名前でマンガ家として活躍中。