逆説のゴルフ―「曲がる」「飛ばない」それでも100を切れる

個数:

逆説のゴルフ―「曲がる」「飛ばない」それでも100を切れる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月20日 19時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784262163680
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C2075

目次

第1章 スコアの正体・スイングの正体編―100の壁を超える考え方(100に壁なし、スコア93~105は同レベルだと知る;スコアは一気にアップするわけではない ほか)
第2章 ショートアプローチ編―ショートアプローチにはスコアメイクのヒントが詰まっている(アプローチこそダウンブローで打つ;右ラインにボールを出す意識が鉄則 ほか)
第3章 ショートゲーム編―ポイントは徹底してグリーンを狙わないこと(スライスを活かす狙い方がある;右か左か迷わず狙いを決める ほか)
第4章 セカンドショット編―“飛ばす”から“運ぶ”への意識改革(スライスはあなたが思うほど悪いボールではない;フルスイングはしない ほか)
第5章 ティショット編―完璧を求めないことがスコアメイクの近道(ベストポジションを狙わない;ナイスショットは求めない ほか)

著者等紹介

久富章嗣[ヒサトミアキツグ]
1951年生まれ。ゴルフ向学研究所所長。浅見カントリー倶楽部理事長。’73年、現在プロで活躍中の高橋勝成の後を継ぎ、日大ゴルフ部で主将を務める。’80年、アマチュアとして全英オープンの一次予選をクォリファイし、英国の新聞・テレビに大々的に取り上げられた実績を持つ。’77年より執筆のための資料作りをスタートさせ、これまでの通説に対し「理論には必ず二面性がある」として逆説的発想で独自の理論を追求。月いちゴルファーに対して、いかにスコアメイクさせるか、効率のいいゴルフを実践させるかを研究し続け、これまで多くのアマチュアゴルファーをシングル入りさせてきた。全国に熱烈な信奉者を持つアマチュア向けレッスンの実力者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネトマヨ

13
【再読】ナイスショットがなくても100は切れるのですね。良かった ホッ...  なるほど、9Iはいろいろな場面で使えるのか。100ヤード以内は(バンカーを除いて)これ一本で何とかなると。たしかにロフトが寝ているクラブはとても難しい。さっそく9Iでのショートゲームを重点的に練習しよう。2019/01/20

ネトマヨ

10
再々読っすね。パターの練習法、30センチドリル。いいじゃんか。さっそく室内でやってみっぺぇか。2019/08/18

てつや

4
オール6設定4オン2パットの意識で敢えてバンカー、池を狙っていく2クラブアップの勇気をもつつま先上がり、下がりはボールを右においてスイングする。パーオンせず手前から転がす。2015/05/26

ネトマヨ

1
他の著作にも書いてあることを写真つきで紹介した本という位置づけでしょうか。 ゴルフにはとにかくリスク回避が重要ということのようです。その延長線上に「池は狙って入れていけ」というアドバイスがあります。これは実践したくないなぁ。2015/02/14

みやちゃん

1
最近、ゴルフにはまり、やっと100切り!しかし先週は、また大叩き。 とてもプルスライスとかは真似できませんが、なるほどと思うところ多し。 やはり体を回さないと右に行くんですよね・・ 感想とは離れてしまいましたが、なるほどと思うところがあり、参考になりました。2012/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4659065

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。