サッカー南米流 球際が強くなるスキル

個数:

サッカー南米流 球際が強くなるスキル

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月20日 09時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784262161402
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C2075

内容説明

多くのアタッカーを輩出するアルゼンチンの育成術!

目次

1 球際を強くして勝つ5ヶ条
2 球際が強くなるスキル!ドリブル
3 球際が強くなるスキル!ボールキープ
4 球際が強くなるスキル!ディフェンス
5 球際が強くなるスキル!空中戦
6 球際が強くなるスキル!フィニッシュ
7 球際が強くなるスキル!フィジカルトレーニング

出版社内容情報

小さな体でも負けない 「個」の力を強くする技術、考え方。多くのアタッカーを輩出するアルゼンチンの育成術!

ブラジルW杯では、予選敗退した日本代表。世界に向けて足りないところは組織?戦術?という問題がよくあがりますが、根本にある「個々の力」 つまり、球際を強くすることが疎かになっているのではないかと思います。まずは、対面する相手との勝負に勝つこと。これがサッカーの基本であり最も大切なことです。今、世界のプロリーグでは多くの南米人が得点源として活躍しています。体格も日本人とそれほど変わらないのに何が違うのか?今まで日本サッカー界が注力していなかった技術が南米にはあるのです。球際で絶対勝てるスキルを紹介し、これからの世代に球際の重要性を解説する1冊です。

1章
個を強くして勝つための10か条
2章
1対1のドリブル
3章
1対1のディフェンス
4章
空中戦での1対1
5章
1対1でシュートを打つ
6章
1対1でパスを受ける

【著者紹介】
アルゼンチンサッカーを代表する強豪クラブであり、マラドーナ、バティストゥータなど多くの偉大なタレントを輩出したクラブの日本支部。ボカジュニアースジャパンの運営するサッカースクールでは、球際で負けない個の強さを高めることを重視し、指導している。