リアル人狼ゲームで勝ち残れ!―超頭脳戦サバイバル!

個数:

リアル人狼ゲームで勝ち残れ!―超頭脳戦サバイバル!

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2024年04月24日 14時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784262157375
  • NDC分類 K798
  • Cコード C8076

出版社内容情報

●あなたの選択ですべてが決まる!人狼ゲームで勝ち残れ!
 この本は、人狼ゲームで勝ち残るために選択肢を選んでいくゲームブックです。
 人狼ゲームとは、人間の中に紛れ込んでいる人狼を探し出すゲーム。
 毎晩、話し合いで一人を処刑していき、人狼がいなくなれば人間側の勝利となります。
 人狼側は毎晩一人を襲撃していき、人間の数が人狼以下になれば人狼の勝利です。
 誰に投票するのか、どのように立ち回るのか、あなたの選択によって物語の結末が大きく変わります。

●命をかけた頭脳戦での決断
 この本の主人公は月形士郎。幼なじみの火夏とともに人狼の館に閉じ込められてしまいます。
 そこで行われるのは同級生たちとの命をかけた人狼ゲーム。
 人狼による襲撃を食らう、処刑されるなどをすれば命を落としてしまうのです。
 緊張感のある状況のなか、士郎はたびたび大きな決断を迫られることになります。
<あらすじ>
中学校の遠足でテーマパークへとやってきた月形士郎と鷹山火夏。
士郎と火夏は「人狼の館」と看板の架かった館へと入る。
館の中を進むと、大広間に5人の同級生と先生の姿があった。
館の扉は開かなくなっており、全員閉じ込められてしまったようだ。
すると、大広間の上部にあったモニターが点灯。ドクロの仮面をつけた男が喋り出す。
「人狼ゲームを君たちにやってもらおうと思う。命がけでね。」
命をかけた頭脳戦がいま始まる。

内容説明

中学校の遠足でテーマパークへとやってきた月形士郎と鷹山火夏。士郎と火夏は「人狼の館」と看板の架かった館へと入る。館の中を進むと、大広間に5人の同級生と先生の姿があった。館の扉は開かなくなっており、全員閉じ込められてしまったようだ。すると、大広間の上部にあったモニターが点灯。ドクロの仮面をつけた男が喋り出す。「人狼ゲームを君たちにやってもらおうと思う。命がけでね。」命をかけた頭脳戦がいま始まる。

著者等紹介

真代屋秀晃[マシロヤヒデアキ]
『韻が織り成す召喚魔法』で第20回電撃小説大賞金賞受賞。『友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。』など著書多数。フリーライター・シナリオライターとしても多くの書籍に関わっている

アメノトモアキ[アメノトモアキ]
真代屋秀晃が主宰する創作グループ・TEAMマシロヤのメンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。