マンガでわかる地政学 (改訂版)

個数:

マンガでわかる地政学 (改訂版)

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2021年01月19日 12時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784262155722
  • NDC分類 319
  • Cコード C0033

内容説明

なぜ、争いがなくならないのか?地形を俯瞰すれば、理由が見えてくる。世界史講師ならではのビジュアル解説!世界各国を中心にした地図を収録。

目次

第1章 地政学のダイナミズムがわかる―3つの国から見た世界(海洋国家アメリカは孤立した島だった!?;イギリスがオフショアから望む景色;分裂・分割を乗り越えて台頭するドイツ)
第2章 強硬外交の理由がわかる―日本の近隣4国から見た世界(陸と海に攻められる中国の地政学的宿命;強国に挟まれる朝鮮半島の受難と策略;封じ込められ続ける大国ロシア)
第3章 国の歴史と思想を知る―さまざまな国から見た世界(シーパワーとランドパワー、二面性を持つフランス;半島の付け根であるために2度滅びたポーランド;かつてのランドパワー大国トルコは親日国家;迫害を逃れて建国したイスラエル;イランとの対立が激しいサウジアラビア;日米に接近するアジアの大国、インド;地政学的リスクがもたらしたベトナムの苦難;ブラジルから見た世界地図)
第4章 歴史と未来を考える―日本から見た世界(陸海の脅威に対し自然に守られた島国)

著者等紹介

茂木誠[モギマコト]
歴史系YouTuber、著述家、予備校講師。駿台予備学校、ネット配信のN予備校で世界史を担当し、iPadを駆使した独自の視覚的授業が好評。世界史の受験参考書のほか一般向けの著書も著している。YouTube「もぎせかチャンネル」で時事問題について発信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書は、「マンガでわかる地政学」(ISBN978-4-262-15558-6)の改訂版です。

・トランプか?バイデンか?11/3アメリカ大統領選挙の結果を踏まえて、世界の行く末を解説!
・シーパワーとなった(海洋進出を始めた)中国と、アメリカ、香港、台湾の関係を解説。
・イギリスのEU離脱の地政学的な意味と、日本に与える影響とは。
・首相交代、大統領選挙を踏まえて日本がとるべき道とは。

※地政学とは…「国家間の対立を、地形から読み解くこと」

★この本の特徴★
・「マンガで地政学を解説している」。これが本書の最大の売りです。
  →「地理・歴史・政治」難解な学問も、マンガだから取っつきやすい!
・アメリカ、中国、ロシアなど、「世界各国が中心の地図」を掲載しました。
  →その国になりきって世界を考えることが、国際情勢を理解する近道!