イラストでわかる日本の元号―まさかの逸話が満載!深オモしろい日本の歴史

個数:

イラストでわかる日本の元号―まさかの逸話が満載!深オモしろい日本の歴史

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年06月20日 05時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784262155531
  • NDC分類 210.02
  • Cコード C0021

内容説明

これまで、日本の元号はどんな理由で、どんな意味でつけられたのか?興味深い史実をイラストで紹介します。

目次

飛鳥・奈良時代の元号
平安時代の元号
鎌倉時代の元号
南北朝時代の元号
室町・戦国時代の元号
江戸時代の元号
近現代の元号

出版社内容情報

これまで、日本の元号はどんな理由で、どんな意味でつけられてきたのか? 特徴的な元号について、イラストで楽しく紹介する1冊。日本の元号は、約1370年前、645年の「大化」から始まり、以来、平成まで247の元号があったとされています。本書は、これまでの元号がどんな理由で、どんな意味でつけられてきたのか、特徴的な元号について、イラストで楽しく紹介していく1冊です。
新しい元号が制定されるのは、けっして天皇が変わったときだけではありません。たとえば「養老」(717年?)は、美濃国にて、孝行息子が山中で湧き出る泉を発見したから。「神亀」(724年?)は、朝廷に白い亀が献上され、豊年となったから、でした。
またそのネーミングの由来もさまざまで、たとえば「天応」は、伊勢斎宮に美しい雲が現れたから。「仁寿」は石見国にて甘露が降ったから、など、面白い由来がたくさんあります。
その決め方も、たとえば「明治」は天皇がくじ引きで決定したなど、興味深い史実がいろいろあります。
本書を読めば、日本の元号のおもしろさ、奥深さに触れられること請け合いの1冊です。

飛鳥・奈良時代/平安時代/鎌倉時代/南北朝時代/室町・戦国時代/江戸時代/近現代

日本の元号研究会[ニッポンノゲンゴウケンキュウカイ]
編集