ひんやり氷の本―氷から見つけた「食べる」「使う」「知る」ための5つの物語

個数:

ひんやり氷の本―氷から見つけた「食べる」「使う」「知る」ための5つの物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 15時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784262129914
  • NDC分類 451.68
  • Cコード C2077

内容説明

読んでいるだけで、ひんやり、たのしい。いつもの「氷」が特別に感じる一冊。

目次

第1章 氷のおはなし(おどろきよろこび氷の世界;春を待つ雪国で ほか)
第2章 氷をいただく(おいしいかき氷のかき方;甘い氷のレシピ ほか)
第3章 氷を使う(氷を料理で活かす;お酒をおいしくする氷の使い方 ほか)
第4章 氷を知る(自然が織りなす氷の姿;土の中から氷が生えてくる!? ほか)
第5章 氷をつくる(天然氷ができるまで―水・土・風と生きる人)

著者等紹介

前野紀一[マエノノリカズ]
1940年北海道生まれ。北海道大学名誉教授。理学博士。北海道大学理学部卒。同大大学院修士課程修了。元国際雪氷学会会長。専門は雪と氷の研究。石狩市在住の科学研究者グループ「サイエンスアイ」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

食べる・使う・知るための「氷の教科書」。

おいしくて、かんたんな「かき氷・氷を使ったレシピ」を紹介。
暑い夏を乗り切るための「氷」ビジュアル読み物多数。

第1章 氷のはなし
    氷ってどんなもの?
第2章 氷を食べる
    氷のかき方(松月)
    氷を食べる?@かき氷のシロップをつくろう
         ?A氷を使った料理(飯島奈美さん)
第3章 氷を使う
    食材を冷やす(てんぷら山の上)
    氷を利用して料理する(堀澤宏之さん)
    氷を使った飲み物(Bar M’S)
    透明な氷を作る方法/お家で涼を取るための知恵
第4章 氷を知る
    結晶いろいろ
    雪国の暮らしの知恵
    お家でできる氷の実験
第5章 氷をつくる
    氷屋さんの一年(松月)
氷のエッセイ
    *飯島奈美さん
    *秋田修さん(実践大学生活科学部食生活科学科教授)
    *石川直樹さん ほか

【著者紹介】
1940年北海道生まれ。北海道大学理学部地球物理学科卒業。北海道大学名誉教授。理学博士。専門は雪氷物理。石狩市在住の科学研究者グループ「サイエンスアイ」代表。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件