• ポイントキャンペーン

攻める守る 将棋駒の使い方ドリル―駒の性能をフルに使ってライバルと差をつけよう!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784262101354
  • NDC分類 796

内容説明

攻め68問、受け56問、寄せ・詰め156問の実戦すぐ使えそうで、頻度の高い駒の使い方をピックアップ。

目次

攻め―駒得をすること、相手陣を突破すること。攻めることで主導権が奪いやすくなる。
受け―相手の攻めに備え、自陣への突破・進入を許さないこと。自玉の安全を図ること。
寄せ・詰め―相手玉を追い詰め(寄せ)、動けなくする(詰め)こと。勝つためには必須の要素。

著者紹介

飯野健二[イイノケンジ]
昭和29年7月7日、東京都葛飾区の生まれ。昭和50年四段に昇段しプロ棋士に。平成10年七段に昇段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)