疾病のなりたちと回復の促進〈2〉薬理学 (第10版)

  • ポイントキャンペーン

疾病のなりたちと回復の促進〈2〉薬理学 (第10版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 295p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784260352536
  • NDC分類 492.9

内容説明

本書は、高等看護学院学生のための薬理学入門書である。現代の医療にふさわしい、しかも実際的な内容をおり込んでいる。第10版では、第1部に関しては、初版の精神に基づき大幅に書き直し、薬物治療において考慮すべき点を極力簡潔に記述し、薬物も現状に合わせ取捨選択。第2部では、最近の目ざましい境界領域の学問の発達を考慮に入れ、新たに「免疫治療薬」「アレルギーおよび炎症に対する薬物」「外用薬」(皮膚科・眼科領域で使われる薬物)の各章を設け、学習の便宜を図った。また、中枢神経系、抗がん薬の各章は最新の知見を加えた。

目次

第1部 薬理学総論
第2部 薬理学各論(抗感染症薬・消毒薬;免疫治療薬;アレルギーおよび炎症に対する薬物;末梢での神経活動に作用する薬物;中枢神経系に作用する薬物;心臓・血管系に作用する薬物;呼吸器・消化器・生殖器系に作用する薬物;物質代謝に作用する薬物;抗がん薬;外用薬;救急のの際に使用される薬物;漢方薬;検査薬・診断薬)

著者紹介

吉岡充弘[ヨシオカミツヒロ]
北海道大学教授。共著に「系統看護学講座 専門基礎〈5〉/疾病のなりたちと回復の促進〈2〉薬理学」がある

大鹿英世[オオシカヒデヨ]
札幌医科大学名誉教授。共著に「系統看護学講座 専門基礎〈5〉/疾病のなりたちと回復の促進〈2〉薬理学」がある

中井健五[ナカイケンゴ]
元秋田大学教授

富野昭子[トミノアキコ]
秋田大学医学部付属病院薬剤部。共著に「系統看護学講座 専門基礎〈5〉/疾病のなりたちと回復の促進〈2〉薬理学」がある

出版社内容情報

    《目次》 〔薬理学総論〕〔薬理学各論〕 第1章 抗感染症薬・消毒薬 第2章 免疫療法薬 第3章 炎症とアレルギーに対する薬物 第4章 末梢での神経活動に作用する薬物 第5章 中枢神経系に作用する薬物 第6章 心臓・血管系に作用する薬物 第7章 呼吸器・消化器・生殖器系に作用する薬物 第8章 物質代謝に作用する薬物 第9章 抗がん薬 第10章 外用薬 第11章 救急の際に使用される薬物 第12章 漢方薬 第13章 検査薬・診断薬