Standard textbook
日常生活活動学・生活環境学 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 314p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784260266789
  • NDC分類 492.5

目次

日常生活活動学(総論;各論―ADL指導の実際)
生活環境学(生活環境学の概念;生活環境の評価と改善計画―バリアフリーを踏まえて;生活環境と法的諸制度;生活環境としての住宅・住宅改造 ほか)

著者紹介

鶴見隆正[ツルミタカマサ]
神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部リハビリテーション学科・教授

出版社内容情報

《内容》 理学療法におけるADLの位置付けを解説し,具体的な評価方法と,生活自立を目指したADLの指導法を提示。また,病院から地域へと理学療法の対象が広がるなかで不可欠となる生活環境評価から,その問題点を思考するプロセスを解説。第2版ではICF(国際生活機能分類)に準拠し,ICIDH(国際障害分類)との違いについても紹介する。    

《目次》
□日常生活活動学
第1章 総論
第2章 各論-ADL指導の実際
□生活環境学
第1章 生活環境学の概念
第2章 生活環境の評価と改善計画-バリアフリーを踏まえて
第3章 生活環境と法的諸制度
第4章 生活環境としての住宅・住宅改造
第5章 高齢者の在宅生活サービス
第6章 生活を支える福祉・リハ関連機器
第7章 地域環境と公共交通
索引