産み育てと助産の歴史 - 近代化の200年をふり返る

個数:

産み育てと助産の歴史 - 近代化の200年をふり返る

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年09月25日 19時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 309p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260024822
  • NDC分類 498.14
  • Cコード C3047

出版社内容情報

本書は江戸末期から平成までの出産に携わる女性たちの歩んできた道を記している。また,これまで語られることのなかった産婆の置かれた状況(産師法)や第二次世界大戦中の助産婦たちの活動にも触れている。江戸末期でお産に携わってきたトリアゲ婆,明治から昭和初期まで活躍してきた産婆・助産婦,そして少子化社会の現代の助産師,それぞれが時代の流れに翻弄されながらも活動を続けてきた。その激動の歴史をここに綴る。

白井 千晶[シライ チアキ]