イラスト 基本からわかる堆肥の作り方・使い方

個数:

イラスト 基本からわかる堆肥の作り方・使い方

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月19日 10時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 140p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784259563561
  • NDC分類 613.42
  • Cコード C0061

内容説明

家庭で手軽にできる生ゴミ堆肥・腐葉土の作り方から、施し方のコツまで、栽培の成否を大きく左右する堆肥と緑肥の活用法をやさしく解説。

目次

第1章 堆肥とは何か(有機物の循環と堆肥;堆肥の目的はよい土づくり ほか)
第2章 堆肥の作り方(有機物を堆肥にする理由;よい堆肥づくりのポイント ほか)
第3章 堆肥の使い方(堆肥の使用目的と使い方;堆肥の種類と使い方 ほか)
第4章 緑肥の効果と使い方(緑肥とは何か;景観性にも優れている ほか)

著者等紹介

後藤逸男[ゴトウイツオ]
東京農業大学応用生物学部生物応用化学科教授(農学博士)。専門分野は土壌肥料学。農業生産現場に密着した実践的土壌学をめざし、現在は野菜・花き生産地の土壌診断と施肥改善対策などについて研究している。農家のための土と肥料の研究会「全国土の会」会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

堆肥とはどんな資材で、土や植物にどのような効果を与えるのか。基礎的な話から、野菜や花を育てるための堆肥の具体的な作り方、畑やコンテナでの使い方まで、イラストを使ってていねいに解説。

第1章 堆肥とは何か
土と堆肥の関係/効果的な有機物の補給方法
堆肥としての必要な条件/堆肥と肥料の違い ほか

第2章 堆肥の効果とは何か
なぜ堆肥を使うのか/土壌微生物の活性化
肥料成分の保持力/作物の品質向上 ほか

第3章 堆肥のつくり方
材料の選び方と組み合わせ方
基本の積み方と管理の仕方/完熟の見分け方 ほか

第4章 堆肥の使い方
使用目的に合った堆肥を使う/適正な使用量を守る
散布方法を使い分ける/作物別の使用方法 ほか

第5章 もうひとつの有機物の補給方法~緑肥~
緑肥とは何か/土壌への作用/バンカープランツ効果
クリーニングクロップ効果/鋤き込み方 ほか

【著者紹介】
東京農業大学 応用生物学部 生物応用化学科教授(農学博士)。専門分野は土壌学、肥料学。農業生産現場に密着した実践的土壌学をめざし、現在は野菜・花き生産地の土壌診断と施肥改善対策などについて研究している。著書に『根こぶ病 土壌病害から見直す土づくり』(農文協、2006年、共著)。農家のための土と肥料の研究会「全国土の会」会長。