• ポイントキャンペーン

働きアリの2割はサボっている―身近な生き物たちのサイエンス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784259547219
  • NDC分類 460.4
  • Cコード C0061

内容説明

一生に一度しか糞をしない生き物とは?カタツムリがブロック塀に集まるのはなぜ?身近な生き物たちの世界はこんなに深い。

目次

春(ツクシは誰の子どもか?―ツクシ;かわいい模様は何のため―テントウムシ ほか)
夏(闇夜の空中戦―コウモリ;進化してうるさい―ハエ ほか)
秋(お盆にやってくる―ショウリョウバッタ;殿様が危ない!―トノサマガエル・トノサマバッタ ほか)
冬(人には言えない美しさの秘密―チョウ;幻想的な冬の使者―雪虫(ワタアブラムシ) ほか)

著者等紹介

稲垣栄洋[イナガキヒデヒロ]
1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。農林水産省を退職し、Uターン。農業研究に携わるかたわら自然観察にいそしむ

小林木造[コバヤシモクゾウ]
1951年福島県生まれ。自然観察漫画家。19歳でつのだじろう氏のアシスタントをつとめ、20歳のとき『少年ジャンプ』でデビュー。2001年『週刊宝石』で「東京地方区フィールドノート」連載。02年4月より『NHK俳壇』テキストにおいて、俳句入門体験漫画「俳句一年生」を連載。荻窪の木造モルタルアパートに二十数年住み着いていたことから、俳号は「木造」。俳人協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。