記憶をつなぐラブレター―母と私の介護絵日記

個数:

記憶をつなぐラブレター―母と私の介護絵日記

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784255009599
  • NDC分類 916

内容説明

認知症の母とのほのぼのとした日々を絵と文で綴った、あったか介護絵日記。

目次

1 介護のはじまり、そして介護サービスとの出会い(突然の介護;貼り紙 ほか)
2 母との暮らし(悲しい朝;気持ちいいからバンザイ ほか)
3 さまざまな症状との向き合い方(お父さんはどこ?;なくし物 ほか)
4 進んでいく症状(トウモロコシさん;追加の貼り紙 ほか)
5 施設に入ってから―母とのふれあい(骨折;リハビリ ほか)

著者紹介

城戸真亜子[キドマアコ]
1961年愛知県生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。81年女流画家協会展、98年VOCA展(上野の森美術館主催)入選。86年より毎年個展を開催。東京湾アクアラインPA、「ギャラリー珈琲店・古瀬戸」の壁画、京都木津学研都市や、荒川区南千住再開発地のモニュメントなども手がける。ほか、テレビ・CM出演、アートプロデュース、執筆、介護にまつわる講演など幅広く活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

認知症の母とのほのぼのとした日々を絵と文で綴ったあったか介護絵日記。

城戸 真亜子[キド マアコ]
1961年愛知県生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。81年女流画家協会展、98年VOCA展(上野の森美術館主催)入選。86年より毎年個展を開催。
東京湾アクアラインPA、新静岡駅ビル、喫茶店「古瀬戸」などの壁画、京都木津学研都市や、荒川区南千住再開発地のモニュメントなども手がける。
ほか、テレビ・CM出演、アートプロデュース、執筆、介護にまつわる講演など幅広く活動。著書に『ほんわか介護 私から母へありがとう絵日記』(集英社)など。