無名な書き手のエクリチュール―3.11後の視点から

個数:
  • ポイントキャンペーン

無名な書き手のエクリチュール―3.11後の視点から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 21時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 126p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784255008981
  • NDC分類 904

目次

1 災禍を伝える声(沈黙の詩、俳句―東日本大震災を詠む;名もなき書き手たちによる3.11の詩歌;´Ecrire jusqu’au fond de l’inconnu(les manuscrits d’Auschwitz)
未知の奥底で書く―アウシュヴィッツに残された手記
被爆体験の“存在”と“時間”―長田新編『原爆の子』と土田ヒロミ『ヒロシマ1945‐1979』をめぐって
震災の経験を記録に残す女性の活動―阪神・淡路大震災以前の記録を中心に)
2 無名性…創造性…(映画『授業料』の受容―児童映画から「小国民」の物語へ;無名への回帰―1920年代のアンドレ・ブルトンの創作観;19世紀にアメリカ女性が書いたこと―料理のレシピをめぐる考察を中心に;模倣から創作へ―フランス17世紀の修辞学教師リシュスルスによる剽窃の方法)

著者紹介

中里まき子[ナカザトマキコ]
岩手大学人文社会科学部准教授。文学博士(トゥールーズ第2大学)。現代フランス文学が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件