ポール・デルヴォーの絵の中の物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 149p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255006024
  • NDC分類 953
  • Cコード C0098

内容説明

絵画と文学の婚姻。観賞度2倍、デルヴォーの絵が読める。

目次

挨拶(1938年)
眠れる町(1938年)
ノクターン(1939年)
ピグマリオン(1939年)
月の位相1(1939年)
町の入り口(1940年)
町の夜明け(1940年)
月の位相2(1941年)
不安な町(1941年)
月の位相3(1942年)
囚われの女(1942年)
眠れるヴィーナス(1944年)
夜の汽車(1947年)
十字架降下(1949年)
クリスマスの夜(1956年)
学者の学校(1958年)
見捨てられて(1964年)
ジュール・ヴェルヌを称える(1971年)

著者紹介

内山憲一[ウチヤマケンイチ]
1959年長野県生まれ。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。現在、工学院大学基礎・教養教育部門准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)