夕顔の恋―最高の女のひみつ

電子版価格 ¥1,058
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

夕顔の恋―最高の女のひみつ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255005041
  • NDC分類 913.36

内容説明

生身の女として触れ合ってみたい。男であれば誰もがそう思う女性、夕顔はなぜ、それほどまでに魅力的なのか?そのひみつを、源氏物語をひも解き明らかにする究極の「男を夢中にさせる理想の女」論。

目次

第1章 「雨夜の品定め」の女たち(光源氏の性癖;頭中将の登場;長雨の物忌のつれづれに ほか)
第2章 夕顔という女との遭遇(夕顔、その謎めいた登場;見られていた源氏の振る舞い;夕顔との急接近 ほか)
第3章 死の家にて(なにがしの院に至る;運命の日が明ける;そして、その夜ついに… ほか)

著者紹介

林望[ハヤシノゾム]
1949年東京生。作家・書誌学者。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学・国文学。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞を受賞。学術論文、エッセイ、小説の他、料理、能、自動車、詩、古典文学等幅広く執筆し著書多数。作曲家に歌曲のための詩を提供、合唱曲、校歌、社歌、市歌などの作詩も多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

夕顔は、なぜ光源氏をとりこにしたのか?そして女性としての魅力はどこにあるのか?そのひみつを、源氏物語をひも解き明らかにする究極の、男を夢中にさせる「理想の女性論」

[著者]林望(はやし のぞむ)
1949年東京生。作家・書誌学者。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学・国文学。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞を受賞。学術論文、エッセイ、小説の他、料理、能、自動車、詩、古典文学等幅広く執筆し著書多数。他方、多年声楽を学び、バリトン歌手として演奏活動する傍ら、新しい日本歌曲の創造のために多くの作曲家に歌曲のための詩を提供、合唱曲、校歌、社歌、市歌などの作詩も多く手がけている。また観世流能楽の実技と理論を津村禮次郎師に学び、新作能『仲麻呂』『黄金桜』等を創作。各流能楽公演に際しての解説講演も多い。『能よ古典よ!』(桧書店)、『リンボウ先生のうふふ枕草子』(祥伝社)、『節約の王道』(日経プレミアシリーズ)、『文章の品格』(朝日出版社)。HP www.rymbow.com