だれが決めたの?社会の不思議

個数:
電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

だれが決めたの?社会の不思議

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 14時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255004068
  • NDC分類 K304

内容説明

死ぬってどういうこと?どうして男と女がいるの?なぜ勉強しないといけないの?なぜお金でものが買えるの?戦争はなぜなくならないの?ありそうでなかった小・中学生のための社会科副読本。

目次

1 なぜ勉強しないといけないの?
2 死ぬってどういうこと?
3 男と女はなぜいるの?
4 結婚ってなに?
5 大人はずるい?
6 神さまは本当にいるのか?
7 戦争はなぜなくならないの?
8 たばことお酒と大人の話
9 なぜお金で物が買えるの?
10 なぜ税金を払わなければならないの?
11 インターネットがあれば、新聞もテレビも本もいらないか?

著者紹介

橋爪大三郎[ハシズメダイサブロウ]
1948年、神奈川県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現、東京工業大学教授。世の中のできごとや変化、人びとのかかわり合いを研究して、みんなが幸せに暮らせるように考える「社会学」を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

お父さん、お母さん必読!
小学生への特別授業、実況中継!

「どうして勉強しなくてはいけないの?」「死ぬってどういうこと?」「どうして男と女がいるの?」「神さまは本当にいるの?」 子どもに届く言葉=考え方を模索する社会学者・橋爪大三郎が、12歳の子どもたちと対面し、子どもたちが日ごろ疑問に思っていることや、世の中の仕組みなどについてセッションしました。好奇心旺盛な子どもたちはもちろん、子どもの質問に答えられない親や先生、必携の一冊です。

社会には、きまりがあります。でも、このきまりは誰かが決めたものではありません。気がついたら、そうなっていたのです。(「はじめに」より)

■授業後の子どもたちの感想(小学6年生)
「先生の答えは、ぼくの予想を超えていました」
「ふだん考えないことをじっくり考える機会になってよかったです」
「世の中には、自分の知らないおもしろい問題がたくさんありました」
「先生の話を聞いて、勉強する気がUP↑しました」
「親には聞けないいろんなことをわかりやすく教えてもらい、とても楽しかった」
「ふつうの授業とは違って話し合いみたいな感じだったので、思ったことを積極的に言えてとても楽しく、面白かったです」
「すぐ答えがでるような簡単な内容ばかりじゃなかったけれど、考えてみることが楽しかったです」