環境生殖学入門―毒か薬か 環境ホルモン

個数:

環境生殖学入門―毒か薬か 環境ホルモン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 275,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255003221
  • NDC分類 481.35
  • Cコード C0095

内容説明

環境ホルモンは“終わった問題”ではない。100年前までは存在しなかった未知の物質―環境ホルモンとヒトの生殖機能の関係を知る。

目次

第1章 ダイオキシンによる大統領暗殺計画?
第2章 精子への影響
第3章 生殖の仕組みと女性の病気
第4章 次世代への影響
第5章 環境ホルモンを知る
第6章 環境ホルモンの現在・過去・未来

著者等紹介

堤治[ツツミオサム]
東京大学医学部産科婦人科教授。1950年埼玉県秩父市生まれ。東京大学医学部医学科卒業。長野赤十字病院、米国NIH留学等を経て現職。専門は不妊症、子宮内膜症、腹腔鏡下手術、生殖内分泌学、環境ホルモン、性の分化
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイティ

0
NHKスペシャルの「精子が減っていく…」を見て興味を持ちました。毒か薬か、というように必要以上に危険を煽るものでなくてよかったです。2009/07/27

未来来

0
内分泌攪乱物質とヒトの生殖機能の関係について学ぶ「環境生殖学」を提唱。一時騒がれていた環境ホルモンが及ぼす影響はどのようなものだと今の所云えそうかを、最新の研究から紹介しています。極端に走らず、煽りにならないよう留意した文面。対話形式ですが、余り成功しているとは云えません。《大学図書館》2009/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/206519

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。