環境生殖学入門―毒か薬か 環境ホルモン

個数:

環境生殖学入門―毒か薬か 環境ホルモン

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 275,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255003221
  • NDC分類 481.35

内容説明

環境ホルモンは“終わった問題”ではない。100年前までは存在しなかった未知の物質―環境ホルモンとヒトの生殖機能の関係を知る。

目次

第1章 ダイオキシンによる大統領暗殺計画?
第2章 精子への影響
第3章 生殖の仕組みと女性の病気
第4章 次世代への影響
第5章 環境ホルモンを知る
第6章 環境ホルモンの現在・過去・未来

著者紹介

堤治[ツツミオサム]
東京大学医学部産科婦人科教授。1950年埼玉県秩父市生まれ。東京大学医学部医学科卒業。長野赤十字病院、米国NIH留学等を経て現職。専門は不妊症、子宮内膜症、腹腔鏡下手術、生殖内分泌学、環境ホルモン、性の分化