• ポイントキャンペーン

共存共栄の思想―日本の未来の描き方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784255003054
  • NDC分類 310.4

内容説明

何もせず、じっと座ってジリ貧になるよりも、打って出て戦う。様々な改革を行っても、なお日本を取り巻く環境は非常に厳しい。それでも今ならまだ生き残る可能性がある。勝つ可能性は十分にある。ジリ貧になるより打って出る!“郵政事業改革”と“三位一体改革”を奇貨として、国と地方、官と民の仕切り直しを説く。

目次

第1章 パラダイムを刷新する―21世紀のヴィジョン
第2章 『ポストマン』のように―公共サービスと郵政事業改革
第3章 ジリ貧よりも勝負を―地方自治と三位一体改革
第4章 弱肉強食を超えて―来るべき日本社会

著者紹介

片山虎之助[カタヤマトラノスケ]
昭和10年岡山県に生まれる。岡山朝日高校を卒業し、東京大学に入学。33年東京大学法学部を卒業後、自治省に入省。49年岡山県企画部長、53年総理府人事局参事官兼内閣審議官、55年自治省振興課長・公務員第一課長を務める。その後、57年静岡県総務部長、59年消防庁総務課長・自治省行政課長を務め、60年岡山県副知事に就任。62年自治大臣官房審議官、消防庁次長を務める。平成元年参議院選挙に初当選し、4年大蔵政務次官。7年参議院選挙で2回目の当選を果たし、参議院大蔵委員長、10年参議院自民党国会対策委員長に就任。12年森内閣で郵政大臣兼自治大臣兼総務庁長官として入閣。平成13年省庁再編で総務大臣に就任し、小泉内閣でも再任される。参議院選挙で3回目の当選を果たし、14年小泉改造内閣で総務大臣留任。15年参議院予算委員長。参議院自民党幹事長

出版社内容情報

日本再生。第三の危機をチャンスに!
現状維持にとどまれば国も地方もジリ貧になる。
<郵政事業改革>と<三位一体改革>を奇貨として、国と地方、官と民の仕切り直しを説く。

【目次】
第一章 パラダイムを刷新する 21世紀のヴィジョン
第二章 『ポストマン』のように 公共サービスと郵政事業改革
第三章 ジリ貧よりも勝負を 地方自治と三位一体改革
第四章 弱肉強食を超えて 来るべき日本社会

郵政事業改革にかかる 「 片山試案 」 として本書ではじめて三案を提示致しました。よりよき成案を得るための捨て石になれば望外の幸せです。
― 著者より ―

【 著者紹介 】
昭和10年、岡山県に生まれる。
33年に、自治省に入省。
60年、岡山県副知事に就任。
平成元年、参議院選挙に初当選。
4年、大蔵財務次官。
7年、参議院大蔵委員長。
10年、参議院自民党国会対策委員長。
12年、森内閣で郵政大臣兼総務庁長官として入閣。
13年、小泉内閣で総務大臣に就任。
15年、参議院予算委員長。
現在は、参議院自民党幹事長。