カルチャー・スタディーズ
アート:“芸術”が終わった後の“アート”

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784255001326
  • NDC分類 702.06
  • Cコード C0095

内容説明

アートは、より頭脳的に進化する。もはや“アート”は、“芸術”ではない。では、今のアートは、何を表現しているのか。内外の最新の動向を踏まえ、21世紀のアートの新しい見取り図を明晰に語る。

目次

第1章 モダンからポストモダンへ―「芸術が終わったあとの芸術」の始まり
第2章 表象批判からファンタジーへ―変貌するポストモダン芸術
第3章 リアルなものの探究―「おぞましい」身体、文化多元主義、はかなさの力
第4章 美と日常性の再発見
第5章 「モダニズム」の閉じゆくフィールド、立ち現れる「現代の美術」

著者等紹介

松井みどり[マツイミドリ]
上智大学、東京大学大学院で英米文学、プリンストン大学大学院博士課程で比較文学を専攻。1994~95年頃から海外の学術誌、論文集、企画展カタログに同時代の日本の現代美術の潮流や作家について論文を寄稿している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。