おばあちゃんがいなくなっても…

個数:

おばあちゃんがいなくなっても…

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 11時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 30cm
  • 商品コード 9784251098467
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

内容説明

リリーのおばあちゃんはタンポポがいっぱいさく野原の家に住んでいます。そのおばあちゃんが秋の終わりに亡くなりました。リリーはさびしくてたまりません。悲しみにくれる少女が、大好きなおばあちゃんの死を受け入れるまでを、心に寄り添うように描きます。大好きな人との死別を少女の視点で描く、優しい絵本。

著者等紹介

シャーレンベルク,ルーシー[シャーレンベルク,ルーシー][Scharenberg,Lucy]
ドイツのケルン市に生まれる。商業を専攻し、看護師および幼稚園教員の教育に携わる。教育の経験と3人の子育ての経験を生かして、創作活動を始める。現在、ケルン市郊外に在住

バルハウス,フェレーナ[バルハウス,フェレーナ][Ballhaus,Verena]
1951年ドイツ生まれ。ミュンヘン美術大学卒業後、舞台装置の仕事を従事する。その後、演劇ポスターのデザインにたずさわり、80年代半ばより本のさし絵を手がけるようになる。ドイツ児童文学賞(絵本部門)を受賞し、これまでに、50冊以上の作品を手がける。現在ミュンヘン在住

ささきたづこ[ササキタズコ]
佐々木田鶴子。香川県生まれ。早稲田大学史学科卒。ドイツに6年あまり滞在し、ミュンヘン大学付属ドイツ語学校に学ぶと共に、ミュンヘン国際児童図書館日本語部門設立に協力する。帰国後はドイツの児童文学や絵本の研究・翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

22
おばあちゃんの死を考える絵本です。 人の死を考える事は悲しいけれど、残された人の心には生き続けているのだと、タンポポの花と黄色い風船が教えてくれました。 おばあちゃんはタンポポが好きだったこと、風に飛ばされていくタンポポの綿毛に夢を持っていたことが、黄色い風船に象徴されているような気がしました。 野辺に咲く野草が好きだという素朴感に包まれて、優しい気持ちになれました。2022/10/07

わむう

19
読書メーター記録1500冊目。大好きなおばあちゃんが亡くなってしまい塞ぎこんでしまうリリー。おばあちゃんは自分の誕生日の頃に咲くタンポポが大好きだった。春になってタンポポが咲くのを見たリリーは、まだおばあちゃんに会えた気がします。1人の少女が身近な人の死を受け入れるまでのお話。2016/12/26

ヒラP@ehon.gohon

16
大人のための絵本2022/09/27

gtn

13
別離のつらさに沈むリリー。しかし、タンポポを通して生命の永遠性を教えてくれたおばあちゃんを信じることができた。おばあちゃんは今頃きっと、どこかいい家で産声を上げている。先輩になったリリーは、おばあちゃんの次の生の幸せを祈りながら生きていく。2020/01/23

いっちゃん

12
亡くなった人と自分の間にだけある、秘密や思い出。残された人が、後から思い出すだけで、死んだ人は幸せになれそう。2015/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/654931
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。