古典と新作らくご絵本<br> だんご屋政談

個数:
  • ポイントキャンペーン

古典と新作らくご絵本
だんご屋政談

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月03日 20時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 30cm
  • 商品コード 9784251095091
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

「お祭りだっていうのによ、なんにも買ってくれねえのかよー」きんぼうのあまりのワガママぶりに根負けしたお父っつぁんがだんごを買ってやりますが、蜜を全部なめてしまって…。するときんぼう「おいらのいたずら、なめんなよ」とばかりに、店先の蜜にだんごを、ポッチャン!そこから事態は意外な展開を…

著者等紹介

春風亭一之輔[シュンプウテイイチノスケ]
1978年、千葉県生まれ。落語家・真打。2001年日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。2012年、落語協会会長だった人間国宝・柳家小三治が21人抜きで一人真打昇進をさせた稀代の逸材。実体験からの発想で作るくすぐりや意匠を施しつつも古典落語の枠を崩さない落語で、自他共に認める「十八番」を創り続ける。滑稽味のある骨太の高座に定評があり、寄席を大事にしながら全国で独演会を開催。二度に及ぶヨーロッパ公演も成功させている

石井聖岳[イシイキヨタカ]
1976年、静岡県生まれ。絵本作家、イラストレーター。1997年にメキシコで初個展開催。その後、学童保育に勤務しながら子どもの本専門店メリーゴーランドの絵本塾へ通い『つれたつれた』(内田麟太郎・文 解放出版社)でデビュー。『ふってきました』(もとしたいづみ・文 講談社)で日本絵本賞、講談社出版文化賞、絵本賞を受賞

ばばけんいち[ババケンイチ]
馬場憲一。1957年、山梨県生まれ。「ざぶとん亭風流企画」主宰。慶応大学文学部卒業。落語・ロック・演劇をブリコラージュした独特で定評のあるライブを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

さまざまな流派の人気落語家10人の噺を、古典新作おりまぜ1冊ずつ絵本にする企画。落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシリーズです。古典の「初天神」を下敷きにした新作落語で、春風亭一之輔師匠の登場。おとっつぁんを困らせるきんぼうが、なんと大岡裁きに!? 人物や背景を描いては切り抜き、半立体で画面を組み立てる手法に挑戦した石井聖岳さんの新感覚の表現にも大注目です!

春風亭一之輔[シュンプウテイイチノスケ]
著・文・その他

石井聖岳[イシイキヨタカ]
イラスト

ばばけんいち[ババケンイチ]
編集