ひみつだけど、話します

個数:

ひみつだけど、話します

  • ウェブストアに33冊在庫がございます。(2024年03月05日 17時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784251073150
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

絵本作家で画家の堀川理万子さんが作絵で手がけた物語。小学3年生たちは、それぞれちょっとした秘密を持っている。電車好きの足立くん、ごきげんさんの小川さん、生きものに詳しいうっちゃん、学校がきらいなしゅうこ。…お互いの「秘密」を知って、なにげない言葉を伝えたり伝えなかったりするクラスメイトを、放課後の日ざしのようなやわらかさで描く。版元を超えて活動する「らいおんbooks」編集による、初の読み物作品。

内容説明

ある町の三年三組の子どもたち。ほうかごの、それぞれの時間を、ちょっとだけ、のぞいてみませんか?電車好きの足立くん、いつもごきげんな小川さん、生きものにくわしいうっちゃん、学校に行かない上田さん。…みんな、ちょっとしたひみつを持っている。なにげない言葉を伝えたり伝えなかったりする日々を描いた、やさしい物語。

著者等紹介

堀川理万子[ホリカワリマコ]
1965年、東京都生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、同大学院美術研究科修了。絵画作品による個展を定期的に開催するほか、グループ展、出版など幅広く活躍。絵本にBunkamuraドゥマゴ文学賞、講談社絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞した『海のアトリエ』(偕成社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

47
小学生4人の、連作短編。個性あふれる子ども同士のやり取りが面白いし、周りの大人や先生とのかかわりにもユーモアが感じられる。ひととき、心和む読書だった。へび公園、実際にあるのかな? 堀川理万子さん、久しぶりに読んだ。2024/01/20

anne@灯れ松明の火

14
新着棚で。小学3年生の足立くん、小川さん、うっちゃん、上田さんは、それぞれ秘密を持っている。放課後、自分の時間を過ごす4人。ある時、それが交差して、お互いの「秘密」を知って……。ああ、小学生って、こんなだったんだなと、大人になってしまった今、思う。瑞々しくて、うらやましい。小学生が読めば、親近感を持つのかな。最後の上田さんの変化がうれしいね。担任は、うーーむだけど、何もかもいいこと、誰も彼もいい人ではウソっぽくなってしまうから、うーーむな人もいていいのかも?(笑) 作者自身の挿絵は、やっぱりいいな♪2024/02/01

遠い日

8
堀川理万子さんのテキストって、ほんわかのびのびしていて本当に好き!小学3年生の同級生四人の秘密。ちょっとずつ伝わっていって、四人が共有できるようになるまで。それぞれの心の中のだいじな部分をちゃんと実現しようとがんばっている姿に胸が温かくなりました。四人目の学校嫌いの上田しゅうこさんの、正直さと自己主張と、ほんの僅かずつの歩みが愛おしく、途中からがんばりすぎないで!とはらはらするわたしがいました。本当にすてきな子どもたち。2024/02/03

6
電車が好きな足立さん、目が三日月みたいにいつもニコニコしている小川さん、虫博士の内海さん、学校が苦手な上田さん、3年3組の4人のお話。瑞々しい子どもたちの日常は、大人になった今では決して手にいれることはできないもので、かけがえのない大切な時間をおすそ分けしてもらったような幸せな気持ち!挿絵も良いし、文章も読みやすく、中学年の子どもたちにおすすめしたい。2024/02/24

たしゆれあ

3
低学年から中学年向き 3年生のみんなには少しずつ秘密がある。 電車好きの足立くん。踏切で電車を見る時にコツがある。目を左右に動かしてから見ると中の人が止まってはっきりと見える。これは秘密の見方。小川さんに教えてあげた。小川さんはお母さんに買い食いしちゃダメと言われてるけど、どうしてもヒモ飴をなめながらブランコに乗りたい。内海くんはおじいちゃんに秘密の命の水を持って行く。上田さんは学校に行きたくない。でも内海くんから好きな給食の日だけ来ればと言われ、そうすることにする。 可愛らしい小学生らしい日常。2024/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21568659
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。