科学のアルバムかがやくいのち<br> カエル―両生類と水辺の生き物

個数:
  • ポイントキャンペーン

科学のアルバムかがやくいのち
カエル―両生類と水辺の生き物

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月13日 15時46分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 63p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784251067074
  • NDC分類 K487
  • Cコード C8345

目次

第1章 カエルがいる水辺(トノサマガエルがいた;後ろあしでじょうずに泳ぐ ほか)
第2章 田んぼやため池の生き物(あさくて暖かい水辺;田んぼにやってくる動物 ほか)
第3章 トノサマガエルのくらし(オスたちの大合唱;メスにだきつくオス ほか)
みてみよう・やってみよう(カエルやおたまじゃくしをみてみよう;おたまじゃくしを飼ってみよう ほか)
かがやくいのち図鑑(アカガエルのなかま;いろいろなカエル)

著者等紹介

福山欣司[フクヤマキンジ]
1960年、大分県生まれ。慶應義塾大学准教授。おもな研究分野は動物生態学。両生類の繁殖や生活史を研究するかたわら、野外で両生類を調査する人びとのネットワークであるカエル探偵団を組織して、減少する日本の両生類の保全につとめている

関慎太郎[セキシンタロウ]
1972年、兵庫県生まれ。自然写真家。水族館飼育員をへて2007年よりフリーランスになる。滋賀県を拠点に、生き物の生態をわかりやすく、おもしろく写真にすることを目標に身近で子どもに人気のある生き物を中心に撮影をつづけてている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。