読書の時間<br> ハッピー・クローバー!

個数:

読書の時間
ハッピー・クローバー!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月21日 15時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784251044815
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

あおばはサッカー好きな活発な女子。でも美容師の母から「女の子はかわいい方が得」と言われベリーショートにしてもらえません。そんなあおばが転校生の風花ちゃんとダウン症の姉・実里ちゃんと仲良くなり、少し考え方が変わります。障がいがあってもなくても、背が高くても低くても、みんなそれぞれが自分らしい素敵なクローバーなんだよ、というメッセージが伝わる物語です。

内容説明

サッカー好きなあおばの近所に、同学年の風花ちゃんと、二歳年上の実里ちゃんがひっこしてきた。実里ちゃんの障がいにとまどったあおばも、だんだん二人となかよくなる。そんなとき、友だちの西野が実里ちゃんの障がいにいやみを言い、風花ちゃんが怒りを爆発させてしまう。西野はそんなやつじゃなかったのに…。あおばが「いっしょにあやまりに行こう」とさそうと…?

著者等紹介

高田由紀子[タカダユキコ]
新潟県に生まれる。同志社大学法学部卒業。『まんぷく寺でまってます』(ポプラ社)でデビュー。『君だけのシネマ』(PHP研究所)で第5回児童ペン賞少年小説賞を受賞。「季節風」「サークル・拓」同人。日本児童文学者協会会員

ゆうこ[ユウコ]
大阪府に生まれる。京都精華大学芸術学部卒業。優しくあたたかな雰囲気・静かなたたずまい・おいしそうな食べ物・かわいらしい動物など、作品世界に引き込まれる装画・挿画を描きつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chiaki

28
あおばの近所に引っ越してきた同級生の風花、姉の実里はダウン症とのこと。ダウン症を知らなかったあおばはどう接すればいいのか戸惑うが、明るく元気いっぱいな実里と、姉をいつも優しく思いやる風花とのやりとりの中で次第に打ち解けてゆきます。ダウン症の姉を持つ風花の悩みも、長身でサッカー好きなあおばの悩みも、教育熱心な父を持つ西野の悩みも、等身大に描かれていてとても爽やかで読みやすい。大地の存在にも和まされる。四つ葉のクローバーの例えも、すごく分かりやすくていい!特別なんじゃない、個々を認め合える世の中に!中学年~2023/05/22

雪丸 風人

8
主人公は小4の女の子。近所に引っ越してきた転校生と仲良くなった彼女が、その子のダウン症の姉とのかかわりを通じて、お互いを知ることや気持ちを伝えることの大切さに気づいていきます。見事に道徳的な内容ですね。個性を特別視せず、あるがままに受け止めることの美しさが描かれていました。特に印象に残ったのは、頑張っても頑張っても認められないことがストレスになっていた少年の「おれ、できてないことばかりしかられてたんだ」という悲痛な言葉。私も子どもを歪ませる親にならないように気をつけたいです。(対象年齢は9歳以上かな?)2022/06/05

芦屋和音

3
小4のあおばは、サッカー大好き女子。近所に同学年の風花ちゃん、その姉でダウン症の実里ちゃんが引っ越してきて……。ダウン症の子との関わり方を全く知らなかったあおばと一緒に、読めば自然となるほどと思う所が多々あります。「自分がいいって思っていることでも、まわりに否定されるとだんだんダメだと思うようになってしまう」は子どもに関わる大人すべてに肝に銘じてほしい。よく知りもしないで勝手に決めつけてることはないかな?と自分に問うとても良い作品でした。2022/09/18

村松明日香

2
図書館で、借りました。サッカー好きな女子、あおばの近所にダウン症の姉を持つ、姉思いの妹の風花が引っ越してくる。すぐに打ち解ける3人と、そして男子2人の物語。西野くんは、あの後お父さんとどうなったのだろうか?そっちが少し気になります。2022/12/16

あゆゆ

1
高田由紀子さんの最新作なので読みました。少年少女の親に対して「違う」と思うことを伝える勇気をダウン症の子との関わりの中で、身につけていく。途中、西野はなんでこんなに嫌なやつなんだろうと思ったが、かわいそうな子だなと思った。とても、爽やかでいい話。人それぞれで、それでいいと思える話。 2022/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19503597
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。