あかねノンフィクション
タゲリ舞う里に

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784251039132
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8395

内容説明

タゲリは、すがたの美しさから「冬の貴婦人」とよばれる渡り鳥です。冬が近づくと日本の各地に渡ってきて、田んぼの近くで群れになってくらします。「豊作を招く鳥」として、たいせつにしていた地方もあるそうです。それなのに、今は一般の人からは、すっかり忘れさられてしまっています。いったいどうしてでしょう。タゲリの飛来地の水田減少を食いとめ、タゲリの調査を通して日本の農業を考える、神奈川県茅ヶ崎市の自然保護グループの活動を描く。

目次

何かがたりない
タゲリさがし
タゲリは、どうしてこなくなったのか
すがたを消す田んぼ
タゲリを知ってもらいたい
タゲリの巣そうどう
タゲリのために田んぼを残したい
タゲリ米は、いかがー
近づくタゲリの季節
タゲリがいないと、どうして困るの?
タゲリの絵を描きたい

著者紹介

七尾純[ナナオジュン]
1936年秋田県に生まれる。指導員、学習雑誌編集長を経て、1973年“七尾企画”を設立。児童向き科学写真の分野で、書籍・雑誌の企画編集をてがける。神奈川県在住

むかいながまさ[ムカイナガマサ]
1941年神奈川県に生まれる。上智大学イスパニア語科卒業。出版社勤務ののちフリーとなり、イラストの仕事で活躍している。神奈川県在住

出版社内容情報

毎年冬になると日本にやってくる渡り鳥のタゲリが、都市化により里地がへり、その数がへってきた。森上さん達は、タゲリの住みよい環境を作ろうと活動を始めた!

小学校中学年以上向き