科学のアルバム<br> ヤマネのくらし (新装版)

個数:

科学のアルバム
ヤマネのくらし (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 05時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 52p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784251033987
  • NDC分類 K489
  • Cコード C8345

出版社内容情報

ヤマネは夜行性の動物で、一年の大半は冬眠するので、多くが謎でした。この珍獣の四季の姿を貴重な写真で克明に紹介。

小学校低学年~高学年向き

目次

春のおとずれ
冬眠からめざめるヤマネ
結婚と赤ちゃんの誕生
遊んで学ぶ
たくさん食べて、どんどん大きく
ピクニックで勉強
子わかれの季節
夏の夕ぐれに
めざめの時刻
ヤマネは森の小さなかりゅうど〔ほか〕

著者等紹介

西村豊[ニシムラユタカ]
1949年、京都市に生まれる。少年時代に訪れた信州の自然のすばらしさに感動し、そのときから信州に住むことを心にきめる。1972年から五年半、信州の山小屋で働きながら、ホンドギツネやヤマネなどの生態を調べ、自然とのつきあいを深める。1977年、自然写真家として独立。図鑑、自然雑誌、広告などに作品を発表している。日本写真家協会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

37
未だヤマネを実際に見たことがない。山に住み夜行性でとてもちいさな動物。 昼は巣の中で眠り、冬眠もする。そんなヤマネをドイツでは"七ヶ月のねむり屋" フランスでは、ぐっすりねむることを"ヤマネのようにねむる"というそうだ。春、冬眠から覚めてから季節の移ろい、子育て、冬になり冬眠するまでヤマネの生態を記録しているのはすごいと思う。初版は1988年。ロングセラー本2015/03/01

ざるめ

12
うわー(*゚Д゚*)可愛い~(*>∀<*)♪そして綺麗な景色だ~(*´∇`*)そして後半は読みごたえあり(^^)2022/05/18

ぬのさと@灯れ松明の火

5
ヤマネがかわいい♪ 娘がヤマネを飼いたいと云っていましたが、無理だから(^_^;)2013/10/16

The Rioneko theory

0
ヤマネの色々なことがわかっておもしろかった。2017/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/482011
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。