科学のアルバム<br> トノサマバッタ (新装版)

個数:

科学のアルバム
トノサマバッタ (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月20日 12時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 52p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784251033352
  • NDC分類 K486
  • Cコード C8345

目次

トノサマバッタのあかんぼう
草むらへひっこし
緑色の幼虫時代
緑の季節のなかまたち
最後の皮ぬぎ・羽化
草むらからとびだす成虫たち
天敵
黒いトノサマバッタ
鳴く虫たち
バッタつり
交尾
産卵
トノサマバッタの世界
幼虫と成虫の二つの世界
トノサマバッタのからだのつくり
いろいろな生活場所をもつなかまたち
バッタの大群
バッタつりとトノサマバッタの信号
川原の一年とトノサマバッタの一生

著者紹介

佐藤有恒[サトウユウコウ]
1928年、東京都麻布に生まれる。子どものころより昆虫に興味をもち、東京都公立学校に勤めながら昆虫写真を撮りつづける。1963年、東京都銀座で虫と花をテーマにした個展をひらき、翌1964年に、フリーのカメラマンとなる。以後、すぐれた昆虫生態写真を発表しつづけ「昆虫と自然のなかに美を発見した写真家」として注目される。1991年、逝去

小田英智[オダヒデトモ]
1946年、北海道小樽市に生まれる。1969年、北海道大学理学部動物学科卒業後、出版社に勤務。学習科学雑誌の編集、テレビ番組の制作にたずさわる。1972年、フリーライターとなり、雑誌などに、児童向け科学記事を執筆している

出版社内容情報

川原でふ化したトノサマバッタは草むらで生活をはじめ、何回も変身していく。――成虫、産卵、そしてその一生を観察。

小学校低学年~高学年向き