あかね創作えほん<br> ちいちゃんのかげおくり

個数:

あかね創作えほん
ちいちゃんのかげおくり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月21日 14時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊/高さ 26cm
  • 商品コード 9784251030115
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

夏のはじめのある朝、小さな女の子のいのちが、空にきえました。――悲惨な戦争の中に幼い命をとじた女の子の姿を、静かに描く。

小学校低学年以上向き

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zero1

136
戦争では弱い者から死ぬ。戦争は空腹で寂しく、家族を引き裂く。そして情け容赦なく小さな子の未来を奪う。体が弱い父親を戦地に送り出した一家だったが空襲の魔の手が。家族三人で逃げるが、ちいちゃんははぐれてしまう。戦争末期の日本には多くのちいちゃんがいたはず。これからの彼女を救うか殺すかは我々の判断にかかっている。教科書にも採用された話なので知っている人が多いだろう。この作品をどう解釈するかで戦争についての考えがまとまるに違いない。また、そうでなければならない。レビューがたった158件とはもったいない!2019/08/25

へくとぱすかる

119
小3の国語教科書で有名な作品。家族そろってささやかに、かげおくりを遊んだ次の日、身体の弱いはずのお父さんまでが、戦争にとられていく。ちいちゃんは空襲のあとに、ただひとり残される。その後はここに書かないことにしよう。戦後が平和な世界でよかったと、子どもに考えさせる場面もありうるだろうけど、そこから一歩進んで、ちいちゃんのような子どもが、悲しい目に会わないように、今の自分たちが、がんばっていくべきなんだと、子どもに気づかせてほしいと思う。何より今の大人たちの世代も。2021/02/03

93
小学生の時習ったことがあったかな?あんま記憶にないんですが戦争童話の中では有名どころですよね。ちいちゃんは最後・・・・現代の小さい子にも理解できるんやろか?2014/08/13

あーさん☆転スラ·薬屋·本好き·魔導具師ダリヤ続々アニメ最高です!!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

77
再読。2019/08/15

りん@停電羽蟲

74
十数える間かげぼうしをじっと見つめるのさ。十、と言ったら空を見上げる。すると、かげぼうしがそっくり空にうつって見える。戦争で出征するお父さんがちいちゃんに教えたかげおくり。お兄ちゃんもお母さんも揃って遊ぶ姿は本来なら楽しくあるべきなのに悲壮感が。戦争を映像や書物でしか知らない私達。絵本からでも伝わる戦争という過ちが、痛みが、苦しく胸を揺さぶる。防空壕で1人きりになってかげぼうしを数えながら家族の名前を呼ぶ幼い姿が悲しく見ていられない。空色のお花畑で、家族全員で今度は安らかな笑顔と時間を一緒に過ごせるよね

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/457488
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。