日本の昔話えほん<br> したきりすずめ

個数:

日本の昔話えほん
したきりすずめ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月24日 18時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784251011558
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

「なんと、かわいそうなことを」おじいさんは、にげた子すずめをたずねて、「したきりすずめの、おやどはどこだ。したきりすずめの、おやどはどこだ」と、よびながら、山のおくへとはいっていきました。

著者等紹介

山下明生[ヤマシタハルオ]
1937年東京に生まれ、広島県能美島で育つ。京都大学文学部卒業。児童書編集を経て、70年に処女作『かいぞくオネション』(偕成社)を出版。以後、幼年童話、長編創作、英、仏語の翻訳と幅広く活躍し、『海のしろうま』(理論社)で野間児童文芸賞、『はんぶんちょうだい』(小学館)で小学館文学賞などを受ける。2004年紫綬褒章受章。熱海市在住

しりあがり寿[シリアガリコトブキ]
1958年静岡市生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社。1985年単行本『エレキな春』(白泉社)でデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、マンガ家として独自な活動を続ける一方、近年ではエッセイ、映像、ゲーム、アートなど、多方面に創作の幅を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

22
しりあがりさんの絵本だ!と思わず掴みました。立体感のある絵、おばあさんたちの家の中の散らかりっぷり、あれこれ楽しみました。お話もちょっとひねりがあっておかしかったね2021/07/15

遠い日

9
山下明生さんの再話による「日本の昔話えほん」シリーズ。おばあさんの嫉妬と残酷さ。おばあさんのつづらに入っているものは、その話によっていろいろあるのが楽しい(?)2017/11/07

あおい

6
しりあがり寿さんが描くおばあさんがキョーレツです。2020/02/20

ととろ

3
山下明生さんの文に、絵がしりあがり寿さんですよ・・・。ピンクハートのブルマー(?)と頭巾姿のおばあさんが影の(?!)主役でしょう。私が知っていたのは、馬や牛の洗い水を飲ませられるものでしたが、これはカエル・ヘビ・ナメクジで、道中の苦労を表したそうです。はい、ユーモアあふれるしたきりすずめ本です。2012/09/21

ちこた

2
なんと絵がしりあがり寿!!!こりゃー、読むしかないでしょ!!もちろん期待を裏切らない仕上がりです。おばあさんのキャラがものすごく濃い。教訓絵本のはずなのに笑ってしまった。2012/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/623627

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。