徳間文庫<br> 姦にて候―妻敵討ち綺談

徳間文庫
姦にて候―妻敵討ち綺談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784198911959
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

新次郎は居すくんだ。闇の中、白い女が浮かんでいる。目を凝らせば妻ではないか。とっさの鉢合わせ、ともに避ける間がなかったのだ。が、その姿態、素裸の上に袖さえ通さず薄物を羽織り、むっちりとした乳の盛り上がりも、黒っぽい内股の翳りも剥き出しのままだ。喜悦の後の姿であった…。(「思案橋」より)不義に溺れ逃げた妻。御法度ゆえに追う夫。奈落の底でまみえたときに何が…。