徳間文庫<br> 東武王国―小説 根津嘉一郎

徳間文庫
東武王国―小説 根津嘉一郎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198910235
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

不世出の実業家、根津嘉一郎。県会議員時代に同郷甲州政財界の重鎮、若尾逸平から示唆された言葉「株をやるならば、これからは『乗りもの』か『明かり』だ」が彼の関心を実業界へと向けさせた。倒産寸前の東武鉄道再建に乗り出し、強気の経営哲学のもと消極派を押し切って成功に導く。数多くの企業に関わりながら一族経営を排し、利益の社会還元を忘れなかった嘉一郎の波乱の生涯を辿る。書下し評伝小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひねもすのたり

14
先日、根津美術館に行きました。 そこで疑問に思ったのは根津嘉一郎って何者??ということです。 東武鉄道の関係者だということはわかりましたが、館内にプロフィールらしきものがなかったので本書を手に取りました。 私は根津嘉一郎その人より、根津が関わることになる明治期の企業。 そしてそれらが現代においてどのような姿になっているのか?という点を楽しみました。 吾妻橋(浅草)のたもとに立つと手前にアサヒビール本社、奥にスカイツリーが見えますが、その風景もちょっと違うものに見えるような気がします。★3 2015/11/15

rbyawa

1
c020、読みやすいわりには俗っぽくなりすぎず、というかどうももともとの題材の人が大概無茶だと思うんですが(財閥複数に譲歩迫られて逆に脅したw)、若干の知識があるくらいで大丈夫なんじゃないですかね。東武鉄道に関わったことで知られてると思いますが、ざっくり言って特にそちら系の描写はないですかも。気付いたらどこかの建て直しに参加してるか対抗意識で持ったビール会社に手を焼いているか、正しいこと押し通そうとして喧嘩してるか。しかし潰れかけた会社に構うのは趣味でしょうか、何回銀行泣かせましたか全部建て直したけどww2012/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1093549

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。