徳間文庫<br> 私は金正日の「踊り子」だった〈下〉

  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
私は金正日の「踊り子」だった〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198910075
  • NDC分類 929.16
  • Cコード C0197

内容説明

「喜び組」の活動で心に傷を負った英姫の前に現れたのは、金正日の秘密資金を管理する機関で働く外貨ディーラーの青年だった。結婚して初めて味わう幸せ。だがそれも束の間、亡命防止の人質として三歳になる最愛の娘を残し、夫の仕事でロンドンに旅立つ。母として苦しむ彼女と、赤い資本家として次第に体制に反抗的になる夫。ついに二人は韓国亡命を決意するが、すでに北朝鮮から監視の工作員が派遣されていた。

目次

運命の予感
嫁ぐ日
最高級の新婚生活
初めての出産
母の一日
平壌での暮らし
北朝鮮に吹いた自由の風
私の腕時計の歴史
離婚してしまった!
占いブーム〔ほか〕