徳間文庫<br> 歌わない笛

徳間文庫
歌わない笛

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198909581
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

倉敷市の山林で夏井康子が死体で発見された。服毒し、フルートを手にしたまま…。五日後、婚約者・戸川健介の溺死体が吉井川に浮かぶ。警察は揉め事の末の後追い心中事件と結論した。しかし、演奏会で津山市を訪れ、偶然事件と関わったヴァイオリニストの本沢千恵子は妙なことに気付いた。康子のフルートの持ち方が左右逆なのだ。他殺?千恵子は旧知の浅見光彦に相談する。恐ろしく悲しい演奏会の序曲だった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

北の親父

4
「面白いものを見た」女性が自殺?。恋人の後追い自殺。大学移転に絡む県議会議員の暗躍?そして議員夫婦の死。最後のあっという推理の解決は、納得感がない。フルートの件は、そのままほおっておいたほうがよかったのでは?2014/03/14

えす

3
浅見光彦シリーズ。どうしても途中から駆け足になってく感がぬぐえないですねえ。。2012/02/29

しのぶ

2
一番最近読んだ浅見光彦シリーズ。自分には主人公の浅見がただの坊ちゃんではなく、少し軽率で人間の出来ていない部分が多いと感じる。だからこそ読み手側に親近感が湧くのだろうしこのシリーズは面白く奥深いんだと思う。2014/10/16

本棚の旅人

2
浅見光彦シリーズ!久しぶりに読みました☆やっぱりいつまでもアサミストな自分♪彼の正義、そして優しさにいつもひきこまれています^^(再読になります。)2012/03/03

トッチ

1
今回も、面白かったです。 浅見さんもお人が悪い。と、警察署で言われるお馴染みのシーンもあり。(久々にこのシーンを見たような)2020/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/478671

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。