徳間文庫<br> 侵略か自衛か 「大東亜戦争」白熱のディベート

徳間文庫
侵略か自衛か 「大東亜戦争」白熱のディベート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198908119
  • NDC分類 375.32
  • Cコード C0195

内容説明

本書は、日本の教育研究団体の一つである教育科学研究会全国大会の「授業づくり」分科会(当時)のプログラムの一つとして実施された。ディベートの試合を忠実に記録におこし、その記録に試合参加者のコメントや参考文献の解説などを加えたものである。

目次

第1部 「大東亜戦争は自衛戦争であった」(試合を前に;ディベート試合の記録;試合後の心境 ほか)
第2部 ディベートの準備過程の記録(浮遊する座標軸 安藤豊―肯定側準備過程の記録;悪戦苦闘と試行錯誤 森脇健夫―否定側準備過程の記録;ディベートを体験して―ディベーター6氏の感想)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まぎら

1
肯定側・否定側の論拠から、今まで理解が足りていなかった点が幾分かは解消できたかな。ディベート部分は、そこここにコメントが差し込まれ流れがブツ切りになっているため、少し読みにくかった。2015/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/284589

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。