徳間文庫<br> 午後の電話はぼけはじめ

徳間文庫
午後の電話はぼけはじめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198907266
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0195

内容説明

ぼけはある日突然、症状が現れることもあれば、物忘れがだんだんひどくなって発病することもある。そして、他の病気と違うのは、患者自身の問題よりも、家族、社会の問題となってしまう点である。残念ながら、今の医学では発病する前に予知することは無理だが、ぼけを起こりにくくすることは可能だ。ぼけにまつわる誤解を正し、様々なケースを紹介しながら、ぼけ医療の現状と予防法を示す。

目次

序章 悲しい船出
1 めがねの置き場所を忘れたら
2 遠い今、近い昔
3 ぼけ時計の針を遅らせる
4 さまよえる患者たち
5 たどり着いた日にきまる出発の日
6 ぼけの3K