徳間文庫<br> 菓商―小説 森永太一郎

  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
菓商―小説 森永太一郎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906467
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

慶応元年伊万里に産声をあげ、陶器問屋を営む伯父の下で、幼いころから学問と商人の道をたたき込まれた森永太一郎。コンニャクの行商からはじまり、幾多の艱難辛苦を乗り越えてきた二十三歳の年、ある事情から九谷焼を携え渡米することになった。唯一残ったのは借金であったが、彼の目の前に現れた女性が差し出した、たったひと欠片のキャンデーが彼の人生を大きく変えていくことになった。書下し起業家伝。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テツオ

2
高校の近くに、「森永太一郎翁の墓」(たしか墓だったと思う)というものがあって、初めはそれが森永製菓の創業者であることを知らなかった。その森永製菓の創業者・太一郎は幼いころに父親と死別し、母親とも生き別れになり独りとなった。その後陶器を売りに渡ったアメリカで洋菓子の魅力にひかれ、12年にわたり洋菓子の修業を詰み、洋菓子製造所を興した。この「菓商」は実名小説で、太一郎のアメリカでの修業時代、創業以降の成功と苦難、人生そのものが描かれている。2012/06/15

山口 健俊

1
森永製菓の創始者の話。 業績などの苦労話も面白いが、経営者としての心の在り様、商道徳が心に沁みます。 商道徳と言ったら、渋沢栄一が有名ですが、実務家として、少し違った形での道徳により親近感を抱きます。 1日で読める量ですし、とてもオススメです。 2017/11/10

ホリエンテス

1
太一郎の苦労話から成功まで。その苦労の上で今があるのだ。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/887230

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。