徳間文庫<br> 殺し金千両―殺し稼業千切良十内

徳間文庫
殺し金千両―殺し稼業千切良十内

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 331p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906436
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

神田小泉町に住む隠居の千切良十内。齢六十三だが、実は現役の十五屋―五、六、四を足して十五の殺し稼業だ。馬の足の治療道具の両刃の馬針を使った技を用いる。相手の腹にこれを刺す。相手は、蚊に刺されたほどにしか感じないが、体内で腸を裂き、三日目に必ず死ぬという必殺の技だ。今度請け負った仕事は、半端じゃない。千両の殺し金、大名―津軽越中守信著をやれという。命を懸けた大仕事だ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ニミッツクラス

0
千切良十内の2作目。馬針が相手の腹に無痛で吸い込まれて行き、そして3日目に死ぬ。長編としての主軸を弘前藩主・津軽越中守信著(のぶあき)への仕掛けに置き、そこに至る迄の殺しや出会いが概ね目次の数だけある。腕の立つ仲間のいない十内にとって、仇持ち浪人石動(いするぎ)との出会いが、物語の構成上どうしても必要であった。殺しは一人50両のところ、今回は千両。カネは足りているが、生きたまま足を洗うという選択肢はない。勧善でも懲悪でもない、殺しの責務だけが十内にのしかかってくる。★★★★☆☆2011/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2684951

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。