徳間文庫<br> 殺し金千両―殺し稼業千切良十内

徳間文庫
殺し金千両―殺し稼業千切良十内

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 331p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906436
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

神田小泉町に住む隠居の千切良十内。齢六十三だが、実は現役の十五屋―五、六、四を足して十五の殺し稼業だ。馬の足の治療道具の両刃の馬針を使った技を用いる。相手の腹にこれを刺す。相手は、蚊に刺されたほどにしか感じないが、体内で腸を裂き、三日目に必ず死ぬという必殺の技だ。今度請け負った仕事は、半端じゃない。千両の殺し金、大名―津軽越中守信著をやれという。命を懸けた大仕事だ。