徳間文庫<br> 幻の墓

徳間文庫
幻の墓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198906290
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

名城健作、美馬慶一郎は東都大学の山岳部仲間で、二人の実力は抜きん出ていた。奇しくも、名城、美馬の父親が二カ月の間に、あいついで事故死した。名城と美馬は、その死因に疑問を持ち、父親の勤務していた会社に“交換入社”して真相を探った。そして、二人の青春の想い出でもあり絆でもあった北アルプスに、疑惑人物を誘い、口を割らせる―。高度成長期の企業隠蔽工作を鋭く暴く長篇社会派サスペンス。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Melody_Nelson

1
家にあった本。私にとっては、暇つぶし程度にしかならない駄作。バカバカしい内容だった。当時、まるで売れなかったと知り納得。2020/05/10

如月光子

0
複雑?復讐。父親が画策した罠に反対に嵌る

つちのこ

0
1980年頃、角川文庫版で読了。著者の1967年の作品。山度は低い。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/593662

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。