徳間文庫<br> 銀河英雄伝説〈1〉黎明篇

  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
銀河英雄伝説〈1〉黎明篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 404p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784198905927
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

宇宙暦八世紀、人類は二陣営に分かれていた。銀河帝国VS.自由惑星同盟。若き二人の天才の出現がその均衡を破った。帝国軍上級大将・ラインハルト、そして同盟軍きっての用兵家ヤン・ウェンリー。帝国軍は反旗をひるがえす同盟に向けて遠征を開始する。迎え撃つ同盟軍。アスターテにおいて両軍は激突した!それは二人が宿命のライバルとなる戦いの幕開けでもあった…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

り こ む ん

41
当時、中学生だったかな?その頃の作品なのになんら、古びた感じがしない。 民衆、政治、戦争…人が生きていく上であるイロイロなしからみを描く作品。大人な作品ではあるけれど、そんなこと考えずに夢中で二人の英雄を追いかけた。大人になり再読すると本当に深い…単なるエンターテイメントでないモノが、見えるのが面白いのだけど、切ない気もする…人って変わらないののだな。と、遠い未来に今の時代を振り返った時に果して英雄と呼べる人物は見出だせるのだろうか?ふっと、そんなことを思ってしまった。2017/09/19

Tetchy

30
紛れもなく傑作!田中芳樹の原点でエッセンスが全て詰まっている。2008/12/21

しーふぉ

21
久しぶりに読んだ。専制国家対民主主義国家の宇宙を舞台とし戦争の物語。主要な登場人物も出て来て、アムリッツァ、アスターテの会戦とイゼルローン要塞の攻略と盛りだくさんの内容。2016/09/10

さなえ

16
再読。かなり久しぶり。再コミカライズだの再アニメ化だの取り上げられることが多い本作。文庫も何種類もある。それだけ多くの人が認める傑作という事。今読んでも古くなったとは思わない。10巻で完結というのも長くなり過ぎず良い。2018/03/11

なっきぅ

13
学生時代にアニメや漫画で、CHARA文庫で途中まで読んでいましたが手放し、最近ブックオフでたまたま1巻を見かけて。キャラとストーリーは何となく覚えていたものの、当時抱いたキャライメージとの違いにびっくり。特にヤン。こんなにも自信家だったとは! そしてけっこうヤなやつなんだ(笑)好きなキャラには変わらないけど。あと、「悪い」人があからさまに悪い人で、分かりやすいので今では可愛いらしく思えました(笑) 以降の巻の集めやすさを考えて、創元版を買い直しました。2014/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555655

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。