今こそ「米中」を呑み込め―長谷川慶太郎の大局を読む 緊急版

個数:
  • ポイントキャンペーン

今こそ「米中」を呑み込め―長谷川慶太郎の大局を読む 緊急版

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年11月17日 11時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198648336
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

米国VS.中国5G戦争、欧州(独・英)金融不安、新興国資金流出。三重苦の世界経済。2019年後半の激動に備えよ!

目次

第1章 米中覇権戦争は国を挙げての「総力戦」(不公正貿易の中国とアメリカの保護貿易;中国に狙いを定めたアメリカの国防権限法;なぜファーウェイは世界的な企業に成長したのか?;中国の国家情報法は「世界の悪法」;5Gの商業利用で世界は大きく変わる;原発の米中の派遣争いで優位に立つ中国)
第2章 英独仏が苦境でEU崩壊か?(ブレグジットで迷走を続けるメイ首相;メルケル首相は辞任の瀬戸際に立っている;反改革派に追いつめられるマクロン大統領)
第3章 不穏な中東・南米・朝鮮半島は大波乱含み(足を引っ張る国々へのアメリカの対応;日本を揺さぶる韓国とロシア)
第4章 憲政史上最長となる安倍政権最後の踏ん張り(対米貿易協議を心配する必要はない;変貌していく日本の自動車メーカー;こんな失策を持続させてはいけない;今こそ欠かせない日本経済活力維持への取り組み)

著者等紹介

長谷川慶太郎[ハセガワケイタロウ]
国際エコノミスト。1927年京都生まれ。1953年大阪大学工学部卒。新聞記者、雑誌編集者、証券アナリストを経て、1963年独立。1983年『世界が日本を見倣う日』で、第3回石橋湛山賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。