でれすけ

個数:
電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

でれすけ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月29日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784198644512
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

我こそは源氏が正統、佐竹常陸介義重なるぞ!
豊臣、徳川、伊達、石田。
名将と渡りあった佐竹父子の闘争。

内容説明

鬼の義重・坂東太郎と恐れられた荒武者だったが、今は子・佐竹義宣に実権を譲り、隠居した身だ。そんななか、天下統一を成した豊臣秀吉より命が下る。「常陸を平定せよ」五百年の歴史を持つ佐竹家の誰もがなし得なかった夢を我がなし得る。義重は年老いた身でありながら早速攻略に取りかかる。しかし、実権を握る子・義宣に報せが入り…。父祖伝来の重み、在りし日への思い、老いへの恐怖、次世代へと委ねるもの。祖・源義光より現代まで900年続く佐竹の家名はいかにして護られたのか―。

著者等紹介

簑輪諒[ミノワリョウ]
1987年、栃木県出身。2014年、第19回歴史群像大賞入賞作品『うつろ屋軍師』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

104
小田原征伐後の佐竹父子の物語。鬼義重と恐れられた佐竹義重。子の佐竹義宣も傑物であった。戦国の代で二代続けて英傑が現れる大名も珍しい。それでも関ヶ原合戦で石田三成に近しい立場であった佐竹家は常陸から出羽秋田へ改易となる。天下人に使える難しさ、そして家を保つ難しさがよく書かれている。豊臣政権が出来るまでは合従連衡により武力で敵と戦ってきた。天下が統一されてからは政治が大名家の命運を左右する。畿内にいる義宣は世の中の変化を着実に掴む。しかし、佐竹が常陸を保つことは難しかっただろう。もう少し動きが欲しかったかな。2019/08/11

ポチ

69
鬼義重と呼ばれた佐竹義重の隠居後からの話。息子の義宣と共に佐竹家500年の誇りを守る為に苦慮する姿が描かれている。箕輪さんは3冊目、読みやすくなかなか良かった。2018/02/07

如水

26
佐竹義重、佐竹氏最大版図を築いた人で『鬼義重』や『坂東太郎』と呼ばれた戦国の雄です。が、この話は隠居後にスポットを当てた物語です。隠居と言っても侮るなかれ、この人は凄まじい。息子義宣のバックアッパーとなり、周りに鬼の睨みを利かしながら常陸国の安定を図ります。が、時代が移り変わり、関ヶ原へ・・・義重の無念さが滲み出てた作品ですが、其処は作者が上手く持ち前のスピーディーさと清涼感でサラッと話を盛り立ててます。楽しかった〜♪今度は『鬼義重』全盛の話が読みたいと思いました。蓑輪諒さん書いてくれないなぁ?2017/09/29

maito/まいと

22
名門・佐竹氏中興の祖・「鬼義重」こと佐竹義重の“隠居”直前から最期までを描く、切り取り方が珍しい歴史小説。毎回驚きの題材を出してくる箕輪さんにしては、割とおとなしめだなあ(失礼)と思いつつ、中盤まで読んでいくが、とある女性の死から、一気に物語は動く。秀吉の死から関ヶ原へ、選択を迫られる佐竹。誇り・老い・恐怖・意地・・・様々なものがないまぜになるなか、本当の己と向かい合い、答えを出す義重の姿は、長く生きられる現代の私たちに、命の燃やし方を迫ってくる。「将来のために生きている限り、人の時間が止まることはない」2017/12/19

onasu

22
500年にわたり常陸国北部を領してきた佐竹氏の20代目義重。北方は米沢の伊達政宗、南方は小田原北条氏との戦いがあり、その牽制の意味で、上杉謙信、豊臣秀吉と誼を通じてきたが、北条氏が滅ぼされるに至り、佐竹氏にも変容の時が。  嚆矢は関白秀吉から告げられた常陸国全域の平定。早期にとの意図を図り違え…。  当主の座は嫡男の義宣に譲っていたが、平定を機に実質的にも隠居し、水戸への移動、朝鮮出兵を見守ってきたが、秀吉の死により、またも動乱の波が。  駆け足で物足りなさもあるが、またひとつ戦国ネタが拾えた好著でした。2017/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12220741

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。