誰が世界戦争を始めるのか―米中サイバー・ウォーと大国日本への期待と責任

個数:
電子版価格 ¥1,020
  • 電書あり

誰が世界戦争を始めるのか―米中サイバー・ウォーと大国日本への期待と責任

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月23日 04時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784198643980
  • NDC分類 319.04
  • Cコード C0036

内容説明

習近平との首脳会談のさなか、シリア空爆に踏み切ったトランプ政権。さらなる大混乱を迎えた国際社会は、常時、偶発戦争の脅威にさらされている。誰がこの危機を起こしているのか。日本の力の行使を世界は待っている―。安倍首相が国際社会に関与していく積極的な姿勢を見せていることで、世界は日本を新しい国際社会の大国として受け入れることだろう。そして、中国寄りのオバマ体制から脱却する米国は、日本との関係によって世界を変えていく。

目次

第1章 南シナ海で勝つアメリカ海軍
第2章 戦争の準備を始めた習近平
第3章 東ヨーロッパで戦争を始めるプーチン
第4章 核大国になる北朝鮮
第5章 シリア戦争で崩壊したヨーロッパ
第6章 サイバー戦争の恐怖

著者紹介

日高義樹[ヒダカヨシキ]
1935年生まれ。東京大学英文学科卒業後、59年にNHK入局。外信部、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長、米国総局長を歴任後、ハーバード大学客員教授に就任。現在はハドソン研究所首席研究員として日米関係の将来に関する調査、研究にあたっている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

トランプ以後の国際社会は世界戦争に向けて動き出した。この危機の中、世界は日本の動向に期待する――ワシントン発最新超分析!トランプ大統領の登場は世界が大混乱の時代に入ろうとしている予兆に他ならない。米軍のシリア空爆、そこから再燃し始めた米露対立。トランプは次なる対象として北朝鮮の名を上げた。この大混乱で世界は第三次世界大戦というべき大規模戦争の時代に引き込まれる危機の只中だ。金正恩、プーチン、習近平、崩壊寸前のEU……各国が戦争の発火点に向けて動き出しているなか、期待と責任が集まる日本にできることは…。ワシントン発の最新分析、緊急刊行!

日高義樹[ヒダカヨシキ]
1935年生まれ。東京大学英文学部卒業。59年にNHK入社。外信部、ニューヨーク、ワシントン支局長、米国総局長を歴任後、ハーバード大学客員教授に就任。現在はハドソン研究所首席研究員