ハウルの動く城<br> 魔法使いハウルと火の悪魔―空中の城〈1〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハウルの動く城
魔法使いハウルと火の悪魔―空中の城〈1〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月16日 00時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784198607098
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

魔法が本当に存在する国インガリーで、三人姉妹の長女に生まれたソフィー。「長女は何をやってもうまくいかない」という昔話のパターンが実現したかのように、ある日ソフィーは、『荒地の魔女』に呪いをかけられ、九十歳の老婆に変身させられてしまう。家族を驚かせたくないと家出したソフィーは空中の城に住む、うぬぼれ屋で移り気な若い魔法使いハウルのもとに、掃除婦として住み込んだ。ハウルに魔力を提供している火の悪魔とこっそり取引したり、ハウルの弟子と、七リーグ靴をはいて流れ星を追いかけたり。謎のかかしや、犬人間も現れて…?やがて、ハウルの意外な素顔を知ったソフィーは、力を合わせて魔女と闘おうとするが…?イギリスの人気作家ジョーンズが描く、読み出したらやめられない魅力的なファンタジー。10代~。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Miyoshi Hirotaka

153
おとぎ話で失敗するのはいつも長女。ソフィーは自分が上手くいかないのをそのせいにしている。それは自分で自分にかけた呪い。しかも、相手が先に見破ってくれない限り自分からはどんな呪いかも話せない二重の呪い。「どうせ無理」と思っているうちは解くチャンスすら訪れない。青春とは心の若さ、理想を失う時に人は老いる。ソフィーがかけられた魔法は、実は自分自身の心の姿。それを解く力は、実は、自分の中にあった。それは、呪いから自分を解き放つだけでなく、みんなを幸せにする魔法だった。魔法王国のイギリスならではのファンタジー。2015/05/24

のっち♬

99
「だいじょうぶよ、おばあちゃん。とても元気そうだもの」いわれのない敵意から魔女に呪いをかけられて老婆に変身した娘ソフィーが、魔法使いハウルの城に強引に住み込む。彼女の引っ込み思案が無遠慮とお節介へ変貌し、秘められた芯の強さや美質が表出する様は爽快感と痛快さがある。周到な伏線に捻りの効いた展開(終盤は展開が速過ぎてやや盛り上がりに欠けるが)や人物像が魅力的で、意地悪で天邪鬼な火の悪魔カルシファーや自惚れが強く本気で人を愛せない臆病者ハウルをはじめ、活力に富んだキャラクターの軽妙なやりとりが物語を下支えする。2020/06/05

たか

59
宮崎駿の『ハウルの動く城』の原作本だが、映画よりもこちらの方か奥が深い。 映画は不足パーツの多いジグソーパズルのようで、細かい点が不明瞭でもあり、全体もしっかり見渡せなかったけど、原作は、映画のさまざまな疑問点に答えてくれる。 『ソフィーの隠された能力とは』『ソフィーの呪いの秘密とは』『カルシファーの正体とは』など、映画ではよく分からなかったところが明かされる。原作の方がファンタジーや冒険の高揚感が純粋に味わえる。B-評価2020/11/12

再び読書

48
やはり映画の印象が邪魔して、どうしても映画との違いの引っかかり、なんか読み損ねた気分。登場人物全てに違いがあり、なかなか物語に入り込めなかった。ただ、ソフィーは映画以上に個性的でタフだった。次作頑張って読みます。2019/05/26

いっちゃんず

47
海外の翻訳作品の一部にすごく苦手なものがあって、この本もそうだったようで300ページちょっとを読むのに一週間(笑)この本は苦手だけれど嫌いではない、どころかとても好き。ソフィーが、ハウルが、カルシファーが、マイケルが、アニメのあの姿であの声で脳内によみがえる。イギリスの文学や風習に疎いためしっくりこないところもあるけれど、ああ原作はこういう物語だったのかと楽しめてとても満足。次巻以降はゆっくりじっくり読める時に(^_^;)2015/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580367

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。