• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
各務原氏の逆説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198506360
  • NDC分類 913.6

内容説明

私立秀青高校の軽音楽部の部室を覗いたのは、用務員の各務原氏だった。染めているわけじゃないんだろうけど、赤みがかった髪。眉毛が極端にうすく、眼はぎょろっとしている。ピアノを練習していたぼくの前に現れた。各務原氏は普通の用務員とはちょっと違う。「そう用務員という職業の一般的イメージを問題にするなら、わたしはそこから外れた存在ではあるだろう」「しかし逆にそのイメージにぴったり合致する用務員さんをどこかから見つけてくるのも、至難の業だと思うけどね」という各務原氏。翌日の火曜日。学校の敷地内にパトカーが入ってきていた。校内で女性の死体が発見されたのだ。本格ロジックの第一人者がチェスタトンばりの逆説で迫る学園推理。

著者紹介

氷川透[ヒカワトオル]
横浜生まれ。東京大学文学部卒。『真っ暗な夜明け』で第十五回メフィスト賞を受賞