徳間文庫<br> 黒い炎の戦士〈2〉田沼暗殺計画

  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
黒い炎の戦士〈2〉田沼暗殺計画

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195993323
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

真髪の死によって、白鬼たちが老中・田沼意次が開国の準備のために招聘した船大工と判明したが、彼らは江戸残留組と遠州相良での造船組とに分かれ、対立を深める。一方、江戸の隼人のもとに、黒子の頭領・梟帥から女鳥と鷹白の2人の戦士が送り込まれた。隼人は田沼暗殺計画を練り、位内周助と角助の協力を求める。そして田沼襲撃が敢行された…。大河伝奇スペクタクル第2弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TheWho

11
白石大河SF伝奇シリーズの第2巻目。前巻で、田沼意知に招聘されたオランダ人船大工の白鬼と、それを阻む黒子との戦いの序章が展開したが、本巻では、白鬼達が、いよいよ西洋帆船の築造に取り掛かり、それを阻止する黒子達の戦いがメインとなる。物語が進むにあたり、果たして悪役とされる田沼意次は、悪人か?また黒子の手段を択ばない戦術には、酷薄・非道な振る舞いも多々あり、悪と正が分裂する二元論ではなく、混在する一元論的な物語で展開する。著者の意図が読めず困惑しているが、今後の展開が楽しみです。2019/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1754239

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。