徳間文庫<br> 荊冠の耀き

電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
荊冠の耀き

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195992586
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

その夏、姫ケ崎の浜辺に藤屋優介、竹原国友、松田凛の三人は連日のようにやってきた。彼等は女を食べた。かといって好色というわけではない。海とも、太陽とも、夏とも分け隔てなく遊んだのである。彼等は人が浜に集まるから、出かけていくのだ。計り知れない未知への好奇心からだ。ある日、岩場ぞいを潜っていた国友が拳銃をみつけた…。青年期のあやうい美を描く表題作ほか、赤江美学の結晶九篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はなひげ

3
「午睡の庭」が好き。2014/10/05

MIRACLE

0
△。「二枚目の首」「黒衣の渚」がよかった。とくに「黒衣」はちょっとした話題から恐るべき真相にたどり着いて、ゾクゾクした。恐怖小説の「夜な夜なの川」は都筑道夫の二番煎じな感じ(後者が本家)。気になったのは、本書ではボカした結末が目立ったことだ。内容じたい幻想色が強いので、結末はしっかり描いたほうがよいと思う。本書から装丁が変わってしまったの。とくにカバーイラストには失望した。2011/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/33299

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。