徳間文庫<br> 足利尊氏〈上〉

徳間文庫
足利尊氏〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195991794
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

半世紀にわたる、全国武士団の骨肉あい食む抗争―南・北両朝の内乱の口火を切ったのは、後醍醐天皇の隠岐脱出だった。髻に討幕の綸旨を秘めた密使が国々を疾った。赤坂城、千早城の合戦に敗れた楠木正成は、再起を期していた。この時、丹波篠村八幡宮に願文をささげた、清和源氏足利流の棟梁高氏は、六波羅探題を亡ぼした。新田義貞、また鎌倉を陥し、ここに建武新政は成ったとかみえたが…。歴史大作。