徳間文庫<br> 足利尊氏〈上〉

徳間文庫
足利尊氏〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195991794
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

半世紀にわたる、全国武士団の骨肉あい食む抗争―南・北両朝の内乱の口火を切ったのは、後醍醐天皇の隠岐脱出だった。髻に討幕の綸旨を秘めた密使が国々を疾った。赤坂城、千早城の合戦に敗れた楠木正成は、再起を期していた。この時、丹波篠村八幡宮に願文をささげた、清和源氏足利流の棟梁高氏は、六波羅探題を亡ぼした。新田義貞、また鎌倉を陥し、ここに建武新政は成ったとかみえたが…。歴史大作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっ!

1
文章は難解で、内容はつまらない。さらに最後は足利将軍二代から十五代までのエピソード。そんなものを求めていない。★☆☆☆☆2011/06/18

suzuki-takefumi

1
全体的に小説と言うよりは解説を読んでいる印象の方が強い。太平記を上下冊にまとめようとすればそうなるのも仕方がないが、やっぱり詰め込みすぎなんじゃなかろうか。佐々木導誉とか、名前も出てきてない気が……2009/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/265847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。